ペットの火葬

ペット葬儀は形式ではなく心が大事
比較的安価な合同火葬

ペット葬儀を葬送業者に依頼すれば無料というわけにはいかなくなります。
火葬代など出す必要はない、動物は父に埋めるものと端から思っている人もいるものです。
しかし、いつも視界に入る家の庭に葬ることも、いつも話しかけられるところに遺骨を置くこともすべてペットたちへの断ちがたい思いや深い愛情からることがほとんどですので、供養とは形式ではなく心ということになります。
ペット葬儀をおこなうか否かも含め、どんな形で送るのかを考えて納得するお別れをすることが大切です。
葬送業者は火葬施設に霊園が併設されていることがほとんどで、その火葬方法には合同と個別のふたつの方法があります。
業者ごとに料金に差があってペットの大きさや重量によっても異なり、合同形式のものは同じ時期に亡くなったほかのペットたちとともに行うものです。
自分で遺体を運べない場合は、自宅に引き取りに来てくれる業者もあります。
合同なため、遺骨は複数がまじりあうこともあり、立ち会ったり、骨を拾うことはできず、自宅に持ち帰ることもできないのです。
ほかの方法に比べ、安いのが特徴になります。

ペット葬儀も多様化火葬は立会いが増加傾向に

ペット葬儀も人間同様に多様化しておりさまざなコースを用意している業者があるのです。
個人火葬は火葬場で単独で行う方法で、遺骨を引き取ることできますが、お骨は業者が代行して拾うことになっています。
移動式を利用した場合も同様です。
遺骨を引き取らずに、そのまま霊園のお墓や納骨堂などに納骨することも可能で、その場合は、別途に費用がかかります。
また、火葬料金は合同式にくらべて割高で、犬や猫の場合、3倍から4倍程度です。
しかし、個別と言っておきながら合同で済ませる業者もいますので、業者選びはくれぐれも慎重に行うことが大事で、心配であれば立会いというパターンもあります。
この場合、飼主や家族が立ち会えるので、人と同じようにお骨を拾って骨壺に入れて持ち帰りができるのです。
個別に比べて追加で1、2万円程度割高にはなりますが、最後まで見届けることができ、遺骨も確実に自分のペットのものなので安心できるためか、立会いを望む飼主の割合は増加傾向にあります。